19日に開幕する第89回選抜高校野球大会(12日間・甲子園)の組み合わせ抽選会が10日、大阪市北区の毎日新聞社オーバルホールで開かれ、7年ぶり2度目の出場で千葉県の東海大市原望洋は大会第3日の第2試合で滋賀学園と対戦することが決まった。

 相手主将と握手を交わした塚越大貴主将は「しっかり準備をして、いつも通りの望洋野球を見せたい」と気持ちを高めた。

...    
<記事全文を読む>