第89回選抜高校野球大会は9日目の二十八日、県勢の健大高崎が2回戦の再試合に臨み、福井工大福井(福井)に10-2で大勝し、2年ぶりのベスト8を決めた。準々決勝は二十九日の第3試合で、秀岳館(熊本)と対戦する。

 (原田晋也) 二十六日は十五回までもつれる大接戦を演じ、7-7で勝負がつかなかった健大高崎。この日は一転して、序盤から有利に試合を進めた。

 初回、安里樹羅(あさとじゅら)選手(三年)が右前打で出塁し、すかさず盗塁。山下航汰選手(二年)の中前適時打で先制し、大越弘太郎選手(同)の左翼線2点二塁打や今井佑輔選手(同)の左前適時打で4点を奪った。

 四回には山下選手が1回戦の札幌...    
<記事全文を読む>