第89回選抜高校野球大会(兵庫県西宮市・甲子園球場)第7日の26日、兵庫の報徳は、前橋育英(群馬)を相手に4-0で快勝。一塁側アルプス席はチームカラーの緑に染まり、大歓声が沸き起こった。指揮を執る永田裕治監督(53)は今大会が最後の舞台。応援に駆け付けた監督の妻や娘は「一日でも長くユニホーム姿を見せてほしい」と8年ぶりのベスト8進出を喜んだ。

 永田監督は1994年に監督に就任し、甲子園出場は春夏合わせて18度目。1月、今大会を最後に引退することを表明した。

 監督の妻和美さん(49)と長女智紗子さん(23)は一塁側報徳ベンチ後方の席で観戦。相手のアウトが重なるたびに拍手を送った。...    
<記事全文を読む>