【甲子園=本社取材班】第89回選抜高校野球大会第7日は26日、兵庫県西宮市の甲子園球場で2回戦3試合が行われ、健大高崎が昨秋の北信越大会優勝の福井工大福井と対戦し、7-7の同点で延長15回を終え、規定により引き分けとなった。第9日第2試合(28日午後1時半開始予定)で再試合が行われる。同じく2回戦に臨んだ前橋育英は報徳学園(兵庫)に0-4で敗れた。

 健大高崎は3回に小野寺大輝、安里樹羅、山下航汰の連続適時打で4点を先制し、5回にも渡口大成の適時打で1点を加えたが、6回に逆転を許した。7回に山下の左犠飛で同点とし、9回に勝ち越されたが、その裏に小野寺が本盗を決めて再び同点とした。...    
<記事全文を読む>