福岡大大濠-滋賀学園は1-1、高崎健康福祉大高崎(群馬)-福井工大福井は7-7でともに延長十五回で引き分け、規定により再試合となった。1大会で2試合の延長引き分け再試合は春夏を通じて初めて。再試合の2試合は28日に組み込まれ、第1試合は午前11時開始予定。準々決勝翌日の休養日はなくなり、決勝は31日に行われる。◆健大高崎 勇気ある重盗 互いに持ち味を発揮して譲らず、引き分け再試合となった。高崎健康福祉大高崎は得意の機動力を駆使した。1点を追う九回2死二、三塁から重盗を決めて追い付き、延長に持ち込んだ。強打が看板の福井工大福井は16安打。3-5の六回に3点を挙げて逆転。同点の九回...    
<記事全文を読む>