【甲子園=椛沢基史、大橋周平、和泉皓也】第89回選抜高校野球大会第3日は22日、兵庫県西宮市の甲子園球場で1回戦3試合が行われ、2年ぶり3度目の出場となった健大高崎は毎回安打の猛攻で札幌第一(北海道)を11―1で圧勝し、前橋育英に続いて2回戦に進出した。選抜大会に同時出場した群馬県勢2校が共に初戦を突破するのは第50回大会の桐生、前橋以来39年ぶり。

 健大高崎は二回に高山遼太郎と大越弘太郎の連続二塁打で2点を先制。この回さらに今井佑輔の適時打で1点を加えた。三回は山下航汰と渡口大成の連打や死球で1死満塁の好機をつくり、連続四死球で2得点して試合の主導権を握った。

 七回に山下の満...    
<記事全文を読む>