第89回選抜高校野球大会2日目の二十日、前橋育英は中村(21世紀枠、高知)に5-1で快勝した。約千百人の前橋育英応援団で埋め尽くされた三塁側アルプススタンドは、悲願のセンバツ初勝利に沸き立った。2回戦は二十五日の第1試合で報徳学園(兵庫)と対戦する。

 (原田晋也) 前橋育英は二回、田中宏樹選手(三年)の中前2点適時打で先制。野球部二年で応援団長を務める上原隆之介さんは「田中さんはバッティングの調子がいいと言っていたので打つと思っていた。後半に強いチームだから、このまま必ず勝ってくれるはず」と、ますます声援に力を込めていた。

 六回にも小池悠平選手(二年)の左翼への2点適時打などで...    
<記事全文を読む>