第89回選抜高校野球大会は19日に甲子園球場で開幕し、出場32校による12日間(準々決勝翌日の休養日を含む)の熱戦が始まる。初戦を20日に控え、対戦する前橋育英の荒井直樹監督と中村(高知)の横山真哉監督に、思い描く試合展開などを語ってもらった。  -理想的な試合展開は。  前橋育英・荒井直樹監督 初戦でもあり、攻撃も守りも入り方を大事にする。どんな試合展開になっても、やるべきことをやって流れを引き寄せたい。  中村・横山真哉監督 粘り強く、数少ないチャンスでいかに得点できるか。ロースコアの展開になると思う。

...    
<記事全文を読む>