十九日開幕の第89回選抜高校野球大会に出場する健大高崎(高崎市)は十六日、甲子園球場で公式練習に臨んだ。午前9時から割り当ての30分間、球場の広さや雰囲気を確かめながら守備と打撃で調整した。

 冬のトレーニングで向上させた力を広い甲子園で披露した。右打ちの大越弘太郎内野手(二年)は左翼へ柵越えを放った。「気持ち良かったです。甘い球を狙い通りに振れた」。背番号「18」でスタメン出場の可能性も出てきた。遊撃手の湯浅大主将(三年)が右手首の骨折のため万全の状態ではないからだ。

 ベッドから落ちたことも影響したのか、1カ月半ぐらい前、スライディング練習で傷めたという。二月上旬に手術。青柳博...    
<記事全文を読む>