十九日に開幕する第八十九回選抜高校野球大会に出場する健大高崎野球部の選手らが高崎市役所に富岡賢治市長を表敬訪問した。

 富岡市長は「多少のミスはいいから、思い切り走り回ってきてください」と激励した。

 青柳博文監督は取材に「地元の応援に身が引き締まる思い。喜んでもらえるような結果を残したい」と話した。湯浅大主将は「自分たちがやってきたことを出し切り、日本一を目指したい」と力を込めた。

 組み合わせ抽選会は十日。市は健大高崎の試合に合わせ、市役所一階でパブリックビューイングを開催する予定。

 (大沢令)

...    
<記事全文を読む>