第89回選抜高校野球大会1回戦を勝利で飾った作新ナインは一夜明けた24日、完全休養を取って体を休めた。

 ナインは午前8時に朝食取った後、注目カードの早実(東京)-明徳義塾(高知)戦をテレビ観戦するなど自由に過ごした。添田真聖(そえだまさと)主将は「まずは自分たちの野球ができるかどうか。(試合までの)3日間で成長したい」と話した。

 午後はミーティングを開いたほか、宿舎近隣の銭湯で疲れを癒やしたり、酸素カプセルに入ったりと体のケアにも努めた。

 初戦の帝京五戦で力投したエース大関秀太郎(おおぜきしゅうたろう)は「相手は振りが鋭いので初球から勝負球を投げたい」と次戦を見据えた。 ...    
<記事全文を読む>