作新学院が投打で上回った。一回に中島の三塁打など4長短打を絡めて3点を先制。三、四回は連続適時打で2点ずつ加えて突き放した。先発の大関は直球、変化球ともに制球がよく、7回を単打のみの5安打にまとめた。

 帝京五は先発の左腕岡元が5失点、2番手の佐藤が8四死球で4失点。攻撃では九回に1点を返すのがやっとだった。

      ◇ 打線がつながり快勝した作新学院。その中心で中島が存在感を発揮した。先制打を含む3安打3打点。「4番の自覚を持って打つことができた」。精神面での弱さを克服し、史上5校目の夏春連覇を狙うチームを好発進させた。

 一回2死一塁。「チームを勢いづける打撃をしたい」。ボー...    
<記事全文を読む>