選抜高校野球大会第4日は23日、1回戦3試合を行い、作新は帝京五(愛媛)と対戦する。初戦前日の22日、作新ナインは大阪府豊中市の豊中ローズ球場で汗を流し、本番を前に守備の連係などで最終チェックを行った。

 午後2時開始予定の試合時間に合わせ、練習は午後1時にスタート。内野陣のシートノックでは「無死満塁」などさまざまな場面を想定して連係を確認。ときには「もっとよく考えて動け!」などと小針崇宏(こばりたかひろ)監督のげきも飛んだ。

 実戦練習では添田真聖(そえだまさと)主将を中心に全員が声を出し、一投一打に集中。フリーバッティングではライナー性の打球を意識しながら快音を響かせた。

 主戦...    
<記事全文を読む>