第89回選抜高校野球大会は21日、1回戦3試合が雨天のため順延になった。このため22日に予定されていた作新の1回戦も23日に順延となり、第3試合(午後2時開始予定)で帝京五(愛媛)と対戦する。

 決戦を前に作新・小針崇宏(こばりたかひろ)監督、帝京五・小林昭則(こばやしあきのり)の両監督が相手の印象を語った。

 -相手の印象は。

 小針 投手はテンポとコントロールが良く、変化球に切れがある。守りもしっかりしている。打線は切れ目がなく、打率も高くバランスが取れている。

 小林 エースの大関(おおぜき)(秀太郎(しゅうたろう))君は思い切ってインコースを突いてきて変化球も多彩。左打者が多い...    
<記事全文を読む>