第89回選抜高校野球大会4日目の22日、作新学院は第3試合で帝京第五(愛媛)との初戦に臨む。作新学院の小針崇宏(こばりたかひろ)監督(33)と、帝京第五の小林昭則監督(49)に、意気込みなどを聞いた。

  (猪飼なつみ) -相手チームの印象は。

 小針監督 投手がしっかりしていて、打線に切れ目がない。打率も作新学院より高く、バランスの取れた良いチーム。

 小林監督 エースの大関秀太郎投手が、思い切って内角を突いてくる。変化球が多彩。うちは左打者が多いので、苦戦するかなと。昨夏優勝した雰囲気がメンバーにある。

 -警戒している選手は。

 小針監督 対戦は初めてなので全打者を警戒している。特...    
<記事全文を読む>