県内高校硬式野球部の練習試合が8日に解禁され、最初の休日となった11日、練習試合が各校で行われた。県内各校は今後も練習試合を予定し夏への準備が本格化する。

 昨秋の県大会で優勝した明秀日立は同日、土浦市内でつくば国際と対戦し、両校とも一冬超えたチームの成長や仕上がり具合を確認した。水城は湯本(福島)、総和工と2試合をこなした。

 昨夏の甲子園8強の常総学院をはじめ、昨秋の県大会4強の各校も練習試合を今後行う予定。昨秋準優勝の霞ケ浦は12日に関東第一(東京)と戦う。常総学院は19日に東海大山形と練習試合を組む。

 明秀日立はつくば国際に16-0で圧勝。3投手が完封リレーし、打線は17安...    
<記事全文を読む>