高崎健康福祉大高崎(群馬)との初戦を翌日に控えた札第一は20日、兵庫県伊丹市内で試合前の最後の練習を行った。打撃練習では4番高階ら中軸が快音を響かせ、エース冨樫は約40球を投げる軽めの調整で汗を流した。

 菊池監督は「打線の調子は上々。あとは、しっかり守って打線をつなげられるか。甲子園ということで気後れすることなく初戦に臨んでほしい」と話した。

...    
<記事全文を読む>