第89回選抜高校野球大会は19日、兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕した。4万4千人の観客が見守った開会式では2年連続2度目出場の札幌第一の選手たちが堂々と行進。12日間(準々決勝翌日の休養日を含む)にわたる熱戦が始まった。

 大会には32校が出場。選手たちは、星野源さんのヒット曲「恋」のメロディーに合わせ、連覇に挑む智弁学園(奈良)を先頭に、南から北の順に行進し、札第一は最後に登場した。

 札第一は大会第3日の第3試合(21日午後2時)で、2年ぶり3度目出場の高崎健康福祉大高崎(群馬)と対戦する。

...    
<記事全文を読む>