第89回選抜高校野球大会の開幕を翌日に控えた18日、札幌第一高は甲子園球場で、開会式のリハーサルに臨んだ。選手たちは緊張しながらも、曲に合わせて力強く行進した。

 リハーサルは午前10時に始まった。昨春の選抜大会優勝校の智弁学園高(奈良)を先頭に、出場32校が南から順に入場した。最後に登場した札幌第一は、プラカード係を任された野球部3年宮坂啓徳(ひろのり)さん(17)が制服姿で先導。選抜旗を掲げた中村泰賀主将(3年)らがグラウンドを踏み締めた。

 リハーサルを終えた西村壮真選手(同)は「気持ちが高まり、開幕の実感が湧いてきた」。堀田賢吾選手(同)は「甲子園は皆の憧れの地。しっかり行...    
<記事全文を読む>