19日に開幕する選抜大会に2年連続2度目出場の札第一は17日、大阪府交野市内の関西創価高グラウンドで守備練習のほか、21日の初戦で当たる高崎健康福祉大高崎(群馬)のエースを想定し、横手投げの投手による打撃練習を行った。守備では送球ミスも目立ち、菊池監督は「相手をよく分析して対応する」と話した。

 大会前日の18日は甲子園球場で開会式のリハーサルが行われる。

...    
<記事全文を読む>