甲子園で19日開幕する第89回選抜高校野球大会に出場する札幌第一高(札幌市豊平区)の勝利を願い、学校近くのとんかつ店「とんき」は12日、野球部員にカツ定食を振る舞った。

 甲子園への出発を前に、カツ(勝つ)で験を担いだ。店はチームを応援したいと、200グラムの大型ロースカツを提供。部員37人は「サクッ」と小気味よい音を響かせて平らげた。

 チームは大会3日目の21日、高崎健康福祉大高崎高(群馬)と対戦する。揚げたてのカツを食べた部員は「夢は全国制覇。一気に頂点まで勝ち上がる(揚がる)のが目標です」ときっぱり。

...    
<記事全文を読む>