第89回選抜高校野球大会(19日から12日間・甲子園)の組み合わせ抽選会が10日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールで行われ、2年連続2度目出場の札第一は大会第3日の21日、第3試合(午後2時開始)で、2年ぶり3度目出場の高崎健康福祉大高崎(群馬)と対戦することが決まった。

 札第一は春夏合わせて5度目の甲子園。冨樫颯大、前田剛志の両左腕の力投と、強力な打線で昨秋の全道大会を制した。

 高崎健康福祉大高崎は、昨秋の関東大会で4強。積極的な走塁で揺さぶる「機動破壊」は健在で1試合あたりの盗塁数は3・3個を記録した。

...    
<記事全文を読む>