甲子園に立った女子マネ、卒業へ あの「ときめき」から7カ月がたつ。昨夏、夢をつかんだナインと一緒に甲子園練習(開幕前)に参加した。その賛否を巡る論争が引き金となり、今春のセンバツから女子部員も制限付きで聖地に立てるようになった。「いろいろ言われたけど……結果的には良かったのかな」。高校野球界の歴史を変えた大分高3年の元女子マネジャー、首藤桃奈さん(18)が3月1日に卒業証書を手にする。

 「早く(グラウンドから)出て」。日本高野連の関係者に退場を命じられたのは、大分高(県代表)の甲子園練習が始まって約15分後。大舞台は騒動になった。試合の6日前、2016年8月2日だった。

 大会本...    
<記事全文を読む>