第89回選抜高校野球大会に初出場する呉高(呉市)に、親子で中村信彦監督(62)の指導を受ける選手がいる。主将で2年新田旬希選手(17)は父浩史さん(44)も尾道商高で中村監督の教え子だった。3月19日の開幕まで1カ月。甲子園出場がかなわなかった父の夢も背負い、大舞台への調整に励んでいる。

...    
<記事全文を読む>