第89回選抜高校野球大会(3月19日から12日間・甲子園)に2年連続3度目の出場となる創志学園の壮行式が20日、岡山市北区下伊福西町の同校体育館であり、ナインが大舞台での健闘を誓った。

 生徒や教職員ら約400人の大きな拍手に迎えられ、選手たちが入場。岡山県高野連の吉田信副会長が「個性を集結し、まず1勝を目指して思い切りプレーしてほしい」、谷川安弘校長が「甲子園に出られるのは周囲の方々の応援があるからこそ。心からの感謝を忘れず、精進を重ねてもらいたい」と激励した。

 続いて2年生25人が登壇し、中川隆太部長が一人一人の名前を読み上げ紹介した。代表して山本蒼主将(2年)が「岡山県の代...    
<記事全文を読む>