3月19日に開幕する第89回選抜高校野球大会に2年連続3度目の出場を決めた創志学園ナインが6日、岡山市北区柳町の山陽新聞社を訪れ、昨夏を含め3季連続となる甲子園での活躍を誓った。

 昨秋の中国大会のベンチ入りメンバー18人と、谷川安弘校長、長沢宏行監督らが訪問した。松田正己社長が山本蒼主将(2年)に花束を手渡し、越宗孝昌会長が「3季連続甲子園は力がある証拠。存分に力を発揮して」とエールを送った。

 エースの難波侑平投手(2年)は「早実(東京)の清宮選手と対戦したいけど、どこが相手でも一戦必勝で戦う」、山本主将は「岡山の皆さんに良い報告ができるように精いっぱい頑張る」と決意を述べた。...    
<記事全文を読む>