三月十九日に開幕する第八十九回選抜高校野球大会に七年ぶり五回目、春夏通じて二十二回目の甲子園行きを決めた高岡商業の選手らが二十二日、県庁を訪れ、石井隆一知事に活躍を誓った。

 石井知事が「伝統の高岡商業の野球を全国にアピールする絶好の機会。優勝を目指して高商旋風を巻き起こしてほしい」とあいさつし、激励金を土合伸之輔主将(二年)に手渡した。

 身長一七四センチで、キレのある直球を武器にするエース左腕の土合主将は「出場はたくさんの人の支えがあってこそ。一戦必勝で戦い、富山の方々に元気を与えられるよう頑張ってきたい」と決意表明。記者団に目標を問われると、「どの相手でも攻めの野球ができたら...    
<記事全文を読む>