第89回選抜高校野球大会に初出場する多治見高校(岐阜県多治見市坂上町)を応援しようと、同校同窓会などでつくる「岐阜県立多治見高等学校第89回選抜甲子園出場後援会」(伊藤良一会長)が横断幕を製作した。24日、JR多治見駅改札口前の陶壁に設置された。

 横断幕は縦2メートル、横10メートルで、プレーする選手をモチーフにしたイラストや大会の日程とともに「旋風を巻き起こせ! 燃えろ多治見高等学校」と書かれている。同後援会が製作費用を負担し、市にデザインや設置を依頼した。

 1時間ほど掛けて取り付けられると、近寄って記念撮影をする駅利用者もいた。市秘書広報課の加藤泰治課長は「横断幕を見てもら...    
<記事全文を読む>