第89回選抜高校野球大会(3月19日開幕)に出場する静岡高ナインが20日、静岡市駿河区登呂の静岡 新聞放送会館を訪れ、桂英治静岡放送社長らに甲子園での活躍を誓った。同校の選抜出場は2年ぶり16度目。

 鳥居春仁校長、栗林俊輔監督や小柳廉主将ら選手20人が訪れた。栗林監督は「まとまりの良さ、粘り強さを生かし、部訓の優勝を目指す」とあいさつ。選手一人一人が「勝利に貢献する」「持ち味を出す」などと抱負を述べた。桂社長は「団結力を発揮して勝ち上がり、静岡県民に元気を与えてほしい」と激励した。

 チームは19日、今季初の紅白戦を行い冬の鍛錬の成果を確認した。小柳主将は「打撃は良くなったが、守...    
<記事全文を読む>