第89回選抜高校野球大会(3月19日開幕、甲子園球場)に出場する静岡高の壮行会が17日、静岡市役所静岡庁舎で行われた。ナインは大勢の市民が見守る中、甲子園での健闘を誓った。

 栗林俊輔監督は「地元の温かく力強い応援をいただき、東海大会を優勝できた」と感謝し、「『和』というチームスローガンを体現し、まとまりの良さで勝負したい」と意欲を述べた。田辺信宏市長は「市民の応援を心に焼き付け、部員29人の力を一つに頑張ってほしい」と激励した。

 小柳廉主将や池谷蒼大投手に記念品や花束が手渡され、小柳主将は「自分たちの長所を生かして4強、そして優勝を狙いたい」と決意を表明した。
<記事全文を読む>