3月19日に兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕する第89回選抜高校野球大会に出場する32校が27日に決まり、県勢は熊本工と秀岳館が選ばれた。同大会で県勢2校の同時選出は、熊本工と城北が出場した第67回大会以来、22年ぶり5度目。県勢のセンバツ出場は7年連続となった。

 両校は昨秋の九州大会で選考の目安となる4強入りを果たした。熊本工は10年ぶり21度目、秀岳館は2年連続3度目の出場となる。

 ●蒲島郁夫知事の話 高校球児憧れの舞台「甲子園」で、震災を乗り越えてきた仲間との絆を力に、県代表として堂々とプレーし、熊本旋風を巻き起こしてくれることを心から期待しています。
...    
<記事全文を読む>