「二十四の瞳」旋風再び!! 高知県の中村高校野球部が第89回選抜高校野球大会の「21世紀枠」に選出された1月27日、地元四万十市は沸きに沸いた。中村高校のセンバツ出場は、1977年に準優勝を果たした「二十四の瞳」の活躍以来、40年ぶり2度目。県立校の甲子園出場も2007年の室戸高校以来10年ぶりだ。幡多地域に夢と希望を与える朗報に校内や地元商店街では、生徒や市民が「よっしゃー」「甲子園に応援に行く」と声を上げ、歓喜の輪が広がった。

 午後3時。校長室前の廊下には吉報を待ちわびる中学高校の生徒が集まっていた。校長室の電話が鳴り、甲子園出場が分かると、生徒は「決まった? 本当?」「や...    
<記事全文を読む>