第89回選抜高校野球大会(3月19日から12日間・甲子園)の出場32校を決める選考委員会が27日、大阪市の毎日新聞大阪本社で行われ、一般選考では四国から明徳義塾(高知)と帝京五(愛媛)の2校が選ばれた。香川県勢は、昨秋の四国大会4強の英明などが推薦されていたが選出されず、3年連続のセンバツ切符獲得はならなかった。英明は四国の補欠1位。このほか高校球界屈指の強打者、清宮幸太郎を擁する早実(東京)や、史上3校目の春連覇に挑む智弁学園(奈良)、昨夏に全国制覇した作新学院(栃木)などが選ばれた。戦力以外の要素を加味する21世紀枠は不来方(こずかた)(岩手)多治見(岐阜)中村(高知)の3...    
<記事全文を読む>