3月19日に兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕する第89回選抜高校野球大会の出場32校が27日に決まり、山口県からは昨秋の中国地区大会を制した宇部鴻城(宇部市)が選ばれた。2年ぶり3回目のセンバツで、夏の大会を含めると4回目の甲子園。県勢のセンバツ出場は6年連続となる。同日午後3時半すぎ、選考委員会本部から宇部鴻城に出場決定の連絡があり、戸倉昇校長が「ありがたくお受け致します」と応じた。すぐさまグラウンドに向かい、野球部員約40人に報告。「おめでとう。甲子園で自分たちの野球が思う存分できるようにしっかり日々の練習を頑張ってほしい」と激励した。選手たちは心待ちにしていた吉報に喜びを爆...    
<記事全文を読む>