第89回選抜高校野球大会(3月19日開幕・甲子園)に2年連続3度目の出場を決めた創志学園(岡山市北区下伊福西町)の選手18人や長沢宏行監督、谷川安弘校長らが30日、岡山県庁を訪れ、伊原木隆太知事に昨夏を含め3季連続となる大舞台での活躍を誓った。

 山本蒼主将(2年)は「持ち味の粘り強い野球で県民が元気になれるようプレーし、岡山の代表として精いっぱい頑張りたい」と決意表明。知事は「練習の成果を存分に発揮し、どんどん勝ち上がってほしい」と激励し、井元乾一郎県議会議長とともに試合球を贈った。

 創志学園は、選考資料となる昨秋の中国大会で4強入り。組み合わせ抽選会は3月10日に大阪市内であ...    
<記事全文を読む>