第89回選抜高校野球大会(3月19日から12日間・甲子園)の選考委員会が27日、大阪市内で開かれ、出場32校が決まった。郷土勢は創志学園(岡山)が2年連続3度目、呉(広島)は初選出。創志学園は昨夏を含め3季連続、呉は春夏通じて初の甲子園となる。

 岡山は3年連続、広島は3年ぶりのセンバツ切符。

 創志学園(岡山市北区下伊福西町)には午後3時半すぎ、出場決定の知らせが届き、部員60人が帽子を高く投げるなどして喜んだ。

 昨秋の県大会3位の創志学園は、中国大会で4強入りした。準々決勝で県覇者の関西を撃破。準決勝は優勝した宇部鴻城(山口)に敗れたものの、2―3と接戦を演じた。呉は初出場の中...    
<記事全文を読む>