第89回選抜高校野球大会の出場32校を決める選考委員会後の発表で京都勢は最後まで読み上げられず、センバツ出場校は10年ぶりにゼロとなった。昨秋の近畿大会に挑んだ全3校が初戦敗退に終わった戦績が重く響き、京都から4年ぶりに21世紀枠の近畿代表となった洛星も初の甲子園に届かなかった。

...    
<記事全文を読む>