第89回選抜高校野球大会に、福井県からは昨秋の北信越大会で41年ぶりに優勝した福井工大福井が2年連続5度目の出場。「まず先輩たちを超えるために初戦を突破し、勢いに乗りたい」と41年ぶりの春勝利へ闘志を燃やした。

 2年連続のセンバツ出場が決まり、喜ぶ福井工大福井の選手に、大須賀康浩監督は「出場の目標は達成したが、次は1回戦を粘り強く勝ってもらいたい。そうすれば北信越大会のように勢いがついて2、3勝はいける」と期待を込めた。

 昨春のセンバツは開幕試合で、優勝した智弁学園(奈良)に10安打完封負け。1番で出場し、悔しさを味わった主将の北川智也は「昨年の経験があったから(北信越で)勝て...    
<記事全文を読む>