大舞台で選手を支えたい―。第89回選抜高校野球大会の出場が決まった福井工大福井の部長を務めるのは、ことし就任5年目を迎えた安久洋子さん(55)。福井県内高校の野球部では唯一の女性部長だ。野球経験はないが「選手が存分に力を発揮できるように」とベンチから熱いエールを送り、ナインの背中を押している。

 2012年の秋、部長に就いた。音楽教諭を務め、それまではバトン部の顧問として甲子園のアルプス席から選手たちを純粋に応援する立場。部長に就くとは「想像もしていなかった」。

 当初は「自分は何をしたら選手、チームのためになるのか」「自分ではダメなんじゃないか」と悩んだ時期があった。野球経験がな...    
<記事全文を読む>