第89回選抜高校野球大会(3月19日から12日間・甲子園)の出場決定から一夜明け、高岡商ナインは28日、同校で練習を行い、憧れの舞台へ気持ちを新たにした。

 練習は午前9時すぎから室内練習場で開始。ミーティングで吉田真監督は「ギアと要求水準を上げ、地に足をつけて今できることをしっかりやっていこう」と呼び掛けた。

 ナインは1時間以上をかけて体幹トレーニングやウオーミングアップで体をほぐし、野手は打撃練習、投手はキャッチボールを行った。午後からは守備練習にも取り組み、投手は下半身を鍛えるトレーニングで汗を流した。

 土合伸之輔主将は「今の時期は基本をいかに追求できるか。できることをやり...    
<記事全文を読む>