第89回選抜高校野球大会(3月19日から12日間・甲子園)の出場32校を決める選考委員会が27日、大阪市内で行われ、昨年秋の北信越大会で準優勝した高岡商の一般選考での出場が決まった。同校のセンバツ出場は2010年の第82回大会以来7年ぶり5度目、県勢としても同大会以来となる。

 27日午後3時20分すぎ、選考委員会から出場決定を知らせる電話が同校にあり、石黒進校長が受けた。吉報を心待ちにしていたナインはピロティに集まり、石黒校長から伝達を受けると跳び上がって喜びを爆発させた。

 主将の土合伸之輔投手(2年)は「ずっと甲子園出場という目標にしがみつき練習してきた。甲子園で勝って皆さん...    
<記事全文を読む>