2年ぶりの選抜出場を決めた静岡は、バッテリーを中心とした守備型。2年前、強力打線で他校を圧倒したナインと比べると派手さはない。だが、今回のチームこそ、栗林俊輔監督が目指してきた野球の体現、と考える関係者は少なくない。

 常に結果が求められる伝統校の指揮官として、念頭に置いてきたのは総合型のチームづくり。「例えるなら幕の内弁当。はやり廃りがない」(栗林監督)。圧倒的な強さより「負けにくさ」を重視し、堅実な守備と走塁、状況判断力を磨いてきた。強打者がそろった2年前でさえ、目指していたのは「投手中心の守備型チームだった」と大石卓哉部長は振り返る。

 指揮官の思惑は、集められた選手の顔ぶ...    
<記事全文を読む>