春夏通算40度目の甲子園出場を告げる吉報が、静岡高(静岡市葵区)に届いた。第89回選抜高校野球大会の出場校が27日発表され、2年ぶり16度目の出場が決まった。前回は50年ぶりに8強入りした。OBや保護者は「今度こそ優勝だ」「先輩を超えよう」と1926年夏以来の甲子園優勝、初のセンバツ制覇を期待した。

 午後3時19分、校長室に出場決定の電話が入った。「ありがたく、お受けいたします。精いっぱいやります」と鳥居春仁校長。秋季東海大会で優勝し選出は確実だったが、正式決定に笑みがこぼれた。

 学校に駆け付けた関係者も歓喜に沸いた。野球部OB会の鈴木和幸会長(64)=静岡市駿河区=は「土俵際...    
<記事全文を読む>