第89回選抜高校野球大会(3月19日から12日間、甲子園)の出場32校を決める選考委員会が27日、行われる。静岡県からは昨秋の東海大会を2年ぶりに制した静岡高の選出が確実視されている。

 静岡は昨秋、池谷蒼大投手と森康太朗捕手のバッテリーを中心とした堅守と持ち前の勝負強さで東海の頂点に立った。選出されれば、プロ野球楽天の堀内謙伍捕手、西武の鈴木将平外野手らの強力打線で8強入りした2015年以来、2年ぶり16度目の出場となる。

 選考委員会を翌日に控えた静岡は26日、普段通り、打撃練習や体幹トレーニングに打ち込んだ。栗林俊輔監督はナインに「不動心」という言葉を挙げ、「選ばれたとしても...    
<記事全文を読む>