第89回選抜高校野球大会(3月19日から12日間・甲子園)に出場する32校を決める選考委員会が27日、大阪市内で開かれ、群馬県の前橋育英と健大高崎が一般選考枠で選ばれた。前橋育英は6年ぶり2度目、健大高崎は2年ぶり3度目の選出で、県勢2校同時出場は1978年(桐生、前橋)、2009年(高崎商、前橋商)、12年(健大高崎、高崎)に続き4度目。県勢の選抜大会出場は4年連続となる。  両校ともに午後3時10分すぎ、電話で出場決定が伝えられた。前橋育英は一報を受けた竹渕敏校長がグラウンドに出て、練習していた選手に報告。健大高崎でも加藤陽彦校長がグラウンドで選手を前に、正式に連絡を受けた...    
<記事全文を読む>