第89回選抜高校野球大会(3月19日から12日間・甲子園)の出場校選考委員会が27日、大阪市の毎日新聞大阪本社で開かれ、作新学院高の5年ぶり10度目の出場が決まった。県勢としては3年ぶりの「センバツ甲子園」で、昨夏の甲子園を制した同校には史上5校目の「夏春連覇」にも期待が懸かる。戦力以外の特色を加味する21世紀枠の関東・東京地区候補校で、春夏通して初の甲子園出場が期待された石橋高は選出されず、県勢のダブル出場はならなかった。

 午前9時の21世紀枠候補校推薦理由説明会の後、同11時から21世紀枠特別選考委員会と地区別小委員会が行われ、一般選考29校と21世紀枠の3校が決定。作新学...    
<記事全文を読む>