日本学生野球協会の2016年度表彰選手に選ばれた、鶴岡東高3年の佐藤要内野手の表彰伝達式が26日、山形市の県スポーツ会館で行われ、関係者が栄誉をたたえた。

 同校は昨夏の県大会で2連覇し、2年連続で甲子園大会への出場を果たした。佐藤は鶴岡市出身。同市温海中から同校に進み、3年時は主将としてチームをまとめたほか、打者としては4番を担い、長打力と勝負強さを発揮した。卒業後は富士大(岩手)に進学して野球を続けるという。

 伝達式では県高校野球連盟の奥山雅信会長が表彰盾を手渡し「表彰されたことを誇りに、大学でも頑張ってほしい」と激励した。

 佐藤は「甲子園は今まで経験したことのない雰囲気で、...    
<記事全文を読む>