日本高野連は12月16日、2017年春の第89回選抜高校野球大会(2017年3月19日から12日間・甲子園)の21世紀枠候補9校を発表。高知県推薦の中村が四国地区候補に選出された。高知県勢が四国候補になるのは第75回の高知東、第78回の室戸、第85回の土佐に次いで4年ぶり4度目。21世紀枠3校は2017年1月27日の選考委員会で、一般選考29校(神宮大会枠1校を含む)とともに決まる。

 中村は2016年秋の高知県予選で、2016年夏の甲子園4強の明徳義塾を破り、40年ぶりの優勝を果たした。30年ぶりに駒を進めた2016年秋の四国大会は初戦の準々決勝で延長十三回の熱戦の末に敗れたも...    
<記事全文を読む>