日本学生野球協会は16日の審査室会議で高校10件の処分を決め、兵庫工は部員の窃盗と盗品授受があったとして、12月14日から3カ月の対外試合禁止となった。関商工(岐阜)は部員の部内暴力で12月14日から1カ月の対外試合禁止を科された。倉敷(岡山)の監督と部長は、部員の喫煙と窃盗を隠蔽(いんぺい)し、ともに11月16日から6カ月の謹慎となった。

...    
<記事全文を読む>