2016年の福井県の高校野球は、選抜高校野球大会(センバツ)に前回大会優勝の敦賀気比と北信越大会で準優勝した福井工大福井の県勢ダブル出場決定という華々しい幕開けだった。福井工大福井は今秋の北信越地区大会で優勝しており、来年度のセンバツでも勇姿が見られそう。県勢の数々の熱戦の中から、取材者の記憶に残る名勝負を振り返る。

 ×  ×  × 「気持ちやぞ」。

 秋季福井県大会準々決勝・羽水-敦賀気比。九回裏、敦賀気比ベンチから叫びのような声がグラウンドに響いた。

 敦賀気比は、夏の福井県大会は初戦で敗退したものの、秋の大会はシードに推された。しかし、初戦、2回戦と圧倒的な強さが見られない。...    
<記事全文を読む>